2020.07.03 Fri

秋葉山表参道登山

秋葉山(866m)は、静岡県西部の浜松市にある山で、火防の神として全国に知られています。この山は、赤石山脈の南端に位置し、天竜奥三河国定公園の一角であり、山頂付近は樹齢数百年といわれる老杉に覆われ、自然の豊かさでも知られています。山頂からの展望は東海一と称され、浜松市の中心市街、天竜川や浜名湖、そしてはるか太平洋(遠州灘)まで望まれます。

スタート地点は、秋葉山下社から数100m秋葉山表参道駐車場です。ここを起点に登山を開始します。駐車場地点の標高が110mここから標高差約750mの登山です。

九里橋を渡り、登山道入り口の最初の石畳の坂道を登ります。(何気にきつい坂道です。。。まだ入り口だと言うのに。。。)

登山道は杉の植林に囲まれ景色の変化はありません。ひたすら登ります。

標高700m付近の秋葉寺で一服あと目的地まで一息です。

秋葉神社の山門(現在修復中)山頂まで約2時間の登頂でした。
神社にお参りをして、秋葉茶屋で腹ごしらえを済ませ、下山します。

 

下りは足取りも軽く、滑らないよう気をつけて約1時間30分の所要時間でした。
無理なくチャレンジ出来る秋葉山表参道登山です!
皆さんも是非!!!
新緑の季節にお越しください。